八月の狂詩曲(監督黒澤明、1991年公開)
 
b0040244_14345688.jpg

「映画」とは何か?という問いの答えのヒントが、この作品の中にある。音と映像とストーリーがマッチした瞬間、映画は他の芸術では成し得ない現象を生み出す。その現象の意味が『八月の狂詩曲』で、分かりやすい形で明示されているのである。
 主人公は、長崎の原爆を経験した老婆である。老婆とその孫を通して、物語は進んでいく。老婆にアメリカに住んでいる兄がいることが分かる。その兄の子で老婆の甥に当たる男が訪ねてくる所から、この物語の「意味」が分かり始める。すなわち、老婆の心の奥底に秘めた感情が明らかになっていくのである。とても、悲しい映画である。老婆は全てを認め、許しているかのように思われた。しかし、「ミタ」人間にしか分からない本当の悲しみは消すことが出来なかったのだ。その悲しみが、映画でしか表現できない形で溢れ出てくるのである。
 黒澤は原爆に対して若いころから、老年に至るまで怒りを抱き続けていたようである(『生き物の記録』、『夢』を観ればそれが分かる)。『八月の狂詩曲』で静かに爆発したその怒りは、このまま原子力を使い続ければいつか人間を滅ぼす、という認識からきたのであった。
                   三橋 慶太
[PR]
by chuoeiken | 2005-11-08 13:23 | 社会派ドラマ
<< ベルヴィル・ランデブー(監督シ... アバウト・シュミット(監督アレ... >>



映画のReview
by chuoeiken
カテゴリ
全体
アクション
SF
ホラー
ミステリー
コメディ
バカ映画
ラブストーリー
青春映画
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
社会派ドラマ
アニメーション
西部劇
戦争映画
サスペンス
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
不思議惑星キン・ザ・ザ ..
from FUNNY GAMES?
カッコーの巣の上で
from ベルの映画レビューの部屋
【DVD】リリィ・シュシ..
from 新!やさぐれ日記
時計じかけのオレンジ
from 映画、言いたい放題!
コーヒー&シガレッツ
from 黄昏ミニヨン想録堂
映画「ブレインデッド」
from しょうちゃんの映画ブログ
不思議惑星 キン・ザ・ザ
from ○o。1日いっぽん映画三昧。..
時計じかけのオレンジ
from 39笘・MASH
カッコーの巣の上で
from 英会話 個人指導します
不思議惑星キン・ザ・ザ(..
from CINEMANIAX!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism