ゆきゆきて、神軍
b0040244_23541627.jpg
 物凄いタイトル。映画と呼べるかどうか分からないのですが、衝撃的だったので紹介。
 内容は、奥崎謙三氏に関するドキュメンタリー。奥崎謙三氏は天皇パチンコ事件、天皇ポルノビラ事件などの過激な反天皇活動で知られている方で、本作品は戦時中の部下射殺事件の真相を探るために、奥崎氏があの手この手で奮闘する話。戦争が残した負の産物を鋭く描き出す社会派ドキュメンタリー。




 ではありますが、なかなか強引なドキュメンタリーですね。こんなものが大学生協に出回っていたというのにビックリしますね。ホントに。序盤のタイヤを鳴らしながら疾走する街宣車。いきなり殴りかかり、馬乗りの体勢で元軍曹をボコボコにする奥崎氏。もう、やりたい放題といった感じです。
 奥崎氏は揉め事を起こした後に、なぜか自分から警察に連絡します。それが彼なりの責任の取り方なのだそうです。そのくせ、殺人未遂事件を犯した後は逃亡するといった妙な行動をとります。そういった点は解せないですね。熱い信念があるなら、それに従えよ!彼は自分の価値観を基軸にドンドン突き進んで行きます。その彼の言動は筋が通っていないように思えますが、彼を突き動かすエネルギーそれ自体は否定することはできないし、そのエネルギーに私は驚きました。

 まー、あまり関係ないことかも知れませんが、この作品を観ていて、ある人が「戦争の事なんか、戦争を知らない(経験したことがない)から分からない。」と言うのを聞いたことを思い出しました。それは否めないとは思いますが、それでは、奥崎氏が戦時中の悲惨さをいくら明らかにして、後世に示したとしても、その反省が活かされていないような気がします。奥崎氏の活動が無駄だったのだろうか。それとも戦争を知らない世代の想像力が欠如しているのだろうか・・・。
 そんなことを考えるうちに眠くなってきて、朝起きて、日常が始まり、昨日の事なんて忘れ・・・人間て上手に出来てますね。
 そりゃ、戦争も終わらないやっ!  
                       ロドリゲス
[PR]
by chuoeiken | 2006-04-27 00:06 | ドキュメンタリー
<< V フォー・ヴェンデッタ タクシードライバー >>



映画のReview
by chuoeiken
カテゴリ
全体
アクション
SF
ホラー
ミステリー
コメディ
バカ映画
ラブストーリー
青春映画
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
社会派ドラマ
アニメーション
西部劇
戦争映画
サスペンス
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
不思議惑星キン・ザ・ザ ..
from FUNNY GAMES?
カッコーの巣の上で
from ベルの映画レビューの部屋
【DVD】リリィ・シュシ..
from 新!やさぐれ日記
時計じかけのオレンジ
from 映画、言いたい放題!
コーヒー&シガレッツ
from 黄昏ミニヨン想録堂
映画「ブレインデッド」
from しょうちゃんの映画ブログ
不思議惑星 キン・ザ・ザ
from ○o。1日いっぽん映画三昧。..
時計じかけのオレンジ
from 39笘・MASH
カッコーの巣の上で
from 英会話 個人指導します
不思議惑星キン・ザ・ザ(..
from CINEMANIAX!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism