V フォー・ヴェンデッタ
b0040244_13515939.jpg この映画を観に行こうか迷っている方が多いと思います。なんとなく危険思想の映画って感じがするし、話が難しそうでアクションに期待できそうにないし、でもマトリックスの製作陣という宣伝文句も気になる。
 しかし心配はございません。あなたは、Vというキャラクターさえ見ていればそれだけでこの映画の90%を楽しむことができるのです。もっと言ってしまえば、それ以外に多くを期待してはいけません。
 そんな殺生な、と思われる方、大丈夫です。この映画はVのすべてで成っているので、Vさえ見ていればそれだけで十分なのです。




 この映画の最大の発明は、あのヒューゴ・エージェントスミス・ウィービングに仮面の男Vをキャスティングしたというアイディアでしょう。あの誰もが注目したくなるいびつな眼光と危険なおでこを仮面の下に隠し通すという無謀!しかしそれも仕方ありません。あんな非現実的な面構えをさらしては、誰も彼のことをVとは呼んでくれないでしょう。つまり、共演のナタリー・ポートマンに「スミス」もしくは「エルロンド」と呼ばれるたびに、ジルにハマタ呼ばわりされる浜ちゃんのごとく「いやVやけど」といちいち突っ込みを入れていては映画が進まないのです。かくしてヒューゴ・ウィービングには声しか残らないことになりましたが…それで十分ではないですか。
 さすがマトリックスの製作陣。観客の心をつかんでいます。そう、僕はあのスミスの声が気になっていたのです。スミス節とも呼ぶべき誰にも真似できない独特のアクセント。とろけるチーズのように頭にこびりつくネットリした甘美な低音。圧倒的な存在感を誇るあの声さえあればほかに何もいらないのです。惚れ惚れするような鮮やかなアクションで魅せるVの中の人が本当にあのおでこの人かどうかなどどうでもいいのです。
 期待を裏切ることなく、本作でも彼の声は圧倒的な存在感を示しています。マスクをしているとはとても思えないほどよく通る声で畳み掛けるように説教をされたら、独裁者だって耳を傾けてしまいます。それにしても、ヒューゴ・ウィービングには仮面の男が適役という最強の法則を見つけてしまったからには、もう彼には仮面の男役しかオファーが回ってこないことでしょう。これでは、いつか中身がコージー冨田に変わっても誰も気づかないでしょう…否!あの唯一無二の彼のしゃべりは、もはや専売特許、他の追随を許さない。よって、コロッケだろうがクリカンだろうが彼のモノマネだけは不可能なのです!
b0040244_1154446.jpg
 それにしても、デミ・ムーアが代わってもよかったんじゃないかと思うくらい存在感のなかったナタリー・ポートマンは損な役回りでした。それも仕方ない。何かをしゃべるだけで絵になってしまうニュータイプスミス(しかも増殖機能継承)が共演者じゃ誰が演じても存在を食われてしまいます。仮面つけたままフレンチトースト作っても絵になってしまうんだから(ここだけの話、このシーンが一番の見どころ)、誰もかないっこありません。
 とにかく、この映画はVの存在が危険すぎます。なぜなら、とても魅力的だからです。これでは、彼に感化されても仕方ありません。彼に影響されて、国会議事堂を爆破するような輩が現れないことを祈るばかりです。この映画で本当に危険なのは、政府ではなくてVなのです。僕は、この映画のラストのお祭り騒ぎをまったく喜べませんでした。それどころか、終末感を覚えました。思うに、Vのごとき圧倒的なカリスマが善であれ悪であれ支配権を握ったとき、世界の終わりが来るのではないでしょうか…
 皆さん、Vに騙されてはなりません!「ヤケドしたからはずかしいワ」とごまかしてマスクを断固はずしませんが、その素顔はしょぼい親父なのです!どうせ映画のことだしぃ~と言ってるあなた、油断はなりません!映画館から出ても、Vはあなたの心の中に生き続けているのです。なぜなら、彼はエージェントスミスに他ならないからです。それが証拠に、町を埋め尽くすVの仮面の波を見たとき確かにスミスの声が聞こえたからです…

「みんな私になる」
                            鈴木
[PR]
by chuoeiken | 2006-05-02 15:35
<< ナッシング ゆきゆきて、神軍 >>



映画のReview
by chuoeiken
カテゴリ
全体
アクション
SF
ホラー
ミステリー
コメディ
バカ映画
ラブストーリー
青春映画
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
社会派ドラマ
アニメーション
西部劇
戦争映画
サスペンス
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
不思議惑星キン・ザ・ザ ..
from FUNNY GAMES?
カッコーの巣の上で
from ベルの映画レビューの部屋
【DVD】リリィ・シュシ..
from 新!やさぐれ日記
時計じかけのオレンジ
from 映画、言いたい放題!
コーヒー&シガレッツ
from 黄昏ミニヨン想録堂
映画「ブレインデッド」
from しょうちゃんの映画ブログ
不思議惑星 キン・ザ・ザ
from ○o。1日いっぽん映画三昧。..
時計じかけのオレンジ
from 39笘・MASH
カッコーの巣の上で
from 英会話 個人指導します
不思議惑星キン・ザ・ザ(..
from CINEMANIAX!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism