undo
b0040244_9521343.jpg
まあぼくが岩井俊二好きというのは、内輪では結構有名な話である。「リリイ・シュシュのすべて」だとか「スワロウテイル」も好きだが、あの人の徹底した美的(なだけの)映像の追求というのは、ストーリーを固めた作品よりも短編、特に「あまり出来事が起こらない話」でこそ活きるところがあるように見える。その点で「PiCniC」もすごく好きであり、あちらの方が完成度が高いとは思うが、ここで「undo」を挙げるのは単に山口智子が好きというだけの理由。




山口演じる「強迫性緊縛症候群」、つまり何でもかんでも(物理的に)縛り付けてしまう病にかかった妻と、彼女と結びついている実感が持てない夫。その生活の中で心を縛り解くという事と、体を縛り解くという事の倒錯が始まる、というストーリー。ちょっと勝手な解釈が混ざってますけど。
愛の虚しさとか他者とのコミュニケーションを描いたものに見えるのだけれど、山口智子を縄で修飾した映画、という側面が強く見られてしょうがない。様々なトレンディ・ドラマに於いて現代社会を気丈に生きる女性を演じていたのに、こんな変態じみたアヴァンギャルドな映画で白痴のような役柄を表現し切っている。
夫をトヨエツが演じ、精神科医を田口トモロヲが演じるという豪華キャストであるが、中盤辺りからもう山口しか見えない。むしろ心理描写においては夫の側が重視されており、妻の存在が付随しているとも見られるが、ああいう技法で表現されてしまうと彼女を見てしまう。

多分この映画を見た感想というのは、自分が持つ恋愛の価値観が顕れたものになると思います。ぼくは二人の人間がいて愛情でもって『結びつく』なんていう行為は結局、「満足」と「拘束」というキーワードだけで説明がつくと考えています。
錯覚だ錯覚、愛情なんていうものは。錯覚してなければ、時間的・物理的拘束を受けて満足した気分になんてならないだろ、普通!でもその錯覚が無ければ人間は生きていけない。
だから山口の劇中での台詞は胸を打つのです。「ちゃんと縛ってよ」。

あるO
[PR]
by chuoeiken | 2006-11-07 10:24 | ヒューマンドラマ
<< 恋愛睡眠のすすめ ハード・キャンディー >>



映画のReview
by chuoeiken
カテゴリ
全体
アクション
SF
ホラー
ミステリー
コメディ
バカ映画
ラブストーリー
青春映画
ドキュメンタリー
ヒューマンドラマ
社会派ドラマ
アニメーション
西部劇
戦争映画
サスペンス
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
不思議惑星キン・ザ・ザ ..
from FUNNY GAMES?
カッコーの巣の上で
from ベルの映画レビューの部屋
【DVD】リリィ・シュシ..
from 新!やさぐれ日記
時計じかけのオレンジ
from 映画、言いたい放題!
コーヒー&シガレッツ
from 黄昏ミニヨン想録堂
映画「ブレインデッド」
from しょうちゃんの映画ブログ
不思議惑星 キン・ザ・ザ
from ○o。1日いっぽん映画三昧。..
時計じかけのオレンジ
from 39笘・MASH
カッコーの巣の上で
from 英会話 個人指導します
不思議惑星キン・ザ・ザ(..
from CINEMANIAX!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism