ミリオンダラー・ベイビー(監督クリント・イーストウッド、 2005年公開)
b0040244_18365449.jpg


 まったく、この男の限界はどこにあるのだろう。殆どの場合、映画監督は年を取るにつれて作品の「迫力」は落ちていく。しかし、クリント・イーストウッドという男は、70歳を過ぎてからピークを迎えているようである。それを『ミリオンダラー・ベイビー』が証明しているのである。
 まず、迫力あるボクシングの試合が目を引く。マーティン・スコセッシの傑作『レイジング・ブル』に並ぶ程、リアリィテイのあるファィティングシーンである。75歳の監督が撮ったとは思えないほどの迫力が、この作品を素晴らしいものにしているのである。すなわち、主人公(ヒラリー・スワンク)の生きている証である『ボクシング』が完璧に描かれているのである。その為、観客は主人公が殴られる「痛み」(リングだけでなく、日常生活においても)を共有し、物語に深く感情移入してしまうのである。
 ボクシングのシーンは素晴らしいが、この物語の本質ではない。この映画は、「人生」の物語なのである。人がどういう決意で生きて、死んでいくのかということについて深く、真剣に見つめた映画なのである。そういう意味では、黒澤明監督の『生きる』の現代版であるといえる。「生きる」ということは、胸に「決意」を秘め、その覚悟の元に懸命にもがくことであると感じた。そのことを、この映画の主人公が教えてくれるのである。
 生きるということを真剣に見つめた映画ほど、迫力のあるものはない。真剣に見つめれば、必然的に人物や物語にリアリティが出てくるからである。近年、アメリカ映画でこれ程までに「生きる」ことについて考えさせられる作品はなかった。この作品は、今までの傑作がそうであったように、30年たっても色褪せないであろう。
                    三橋 慶太

                                         
[PR]
by chuoeiken | 2005-10-19 18:43 | ヒューマンドラマ
<< バットマン オリジナル・ムービー キッズ・リターン >>



映画のReview
by chuoeiken
カテゴリ
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
不思議惑星キン・ザ・ザ ..
from FUNNY GAMES?
カッコーの巣の上で
from ベルの映画レビューの部屋
【DVD】リリィ・シュシ..
from 新!やさぐれ日記
時計じかけのオレンジ
from 映画、言いたい放題!
コーヒー&シガレッツ
from 黄昏ミニヨン想録堂
映画「ブレインデッド」
from しょうちゃんの映画ブログ
不思議惑星 キン・ザ・ザ
from ○o。1日いっぽん映画三昧。..
時計じかけのオレンジ
from 39笘・MASH
カッコーの巣の上で
from 英会話 個人指導します
不思議惑星キン・ザ・ザ(..
from CINEMANIAX!
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism